« めで鯛 | トップページ | 黒潮本陣 »

高知を旅しました。

ずいぶん昔に、四万十川をカヌーで旅して以来でしたが、高速道路が
少し延びた位で変わりなく、あいかわらず南国の雰囲気をプンプンさ
せていました。
「よさこい」のせいか、「桂浜の高い波」のせいか、和歌山には無い
地方都市の文化を感じさせます。

会社が終わってから夕刻の南海汽船に飛び込み、徳島にむかい、愛媛
の一部を経由して、祭りに賑わう高知市を抜け、四万十川に着くとも
う東の空は白んでいました。
当時は元気だったな〜と、おじさんのように何度も回想してしまいま
した。それがおじさんなんでしょうね〜
たぶん(^^;)


Photo
最後の清流四万十川
びっくりするほど澄んだ水ではありません。
開発されていない大河と言う意味らしいです。
和歌山で言うと古座川の方が水はきれいでは


今回は朝八時半のフェリーに乗りましたが、高知道の2車線化も進ん
でいてお昼過ぎには高知に到着しました。無駄と言われる田舎の高速
道路もこんな時にはホントありがたいものです。

まあとんだハプニングがあった三日間でしたが、ゆっくりと観光でき
ました。そんな中でも、卒業した設計事務所での私の専門分野とも言
える旅館について一言・・・いや!二言か??
実はチョロっと話したいと思います。

一軒は高知市の城西館、もう一軒は中土佐町の黒潮本陣 
どちらもいわゆる普通の観光旅館です、かなりタイプの違う二館でし
たが、どちらも平日満室の人気の宿のようでした。

次回に続く・・・     のでお付き合いください。

|

« めで鯛 | トップページ | 黒潮本陣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« めで鯛 | トップページ | 黒潮本陣 »