« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

乱高下

ガソリンの値段が毎週下がってくるのでちょっとうれしいな!

実は、毎月値段が変わる鉄骨や鉄筋の値段も急速に値を下げて
います。約一年前に戻った感じですね。
それでも、数年前から考えると高いのですが、まだまだ下がる
勢いです。 

でも、定価のある建材やサッシなどは、次期のモデルが出るま
で値は変わりませんので、半年から数年は高い状態が続きそう
ですね。

住宅ローン減税の延長拡大などもあるようですし、金利も下が
りそうです、建築時期の判断が難しい状況がしばらく続きそう
な状況です。


ちなみに自転車の世界にも、毎年モデルチェンジがあるのです
が、09年モデルは資材の高騰で10%程度あがりそう。
そこで、急いで型落ち寸前の08年モデルを購入!!

かなり安く買えたので満足満足(*^_^*)
昔は、バイクが買えるような価格のマウンテンバイクに乗って
いたのですが、今は乗り心地が軽ければそれでOKです。


Kurosu ここ数年は、ロードが大人気で良
 く見かけます。
 ちなみに買ったのはクロスバイク
 です、ロードとMTBの中間位で
 現場に走って行くのに重宝します
 
 
 
スポーツ車のコンポつまり変速機やブレーキなどは、世界的に
日本のシマノ(釣り具を作っている)がトップメーカーなので
すが、フレームはピンからキリまで海外製が主流です。

こう円高だと10年モデルはどうなるのか????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女人禁制

早朝5時、白んでくる東の空にむかい車を走らせました
大峰山縦走が、今回の秋山登山の舞台です。

7時に洞川からクライムオン、山上ケ岳〜大日山〜稲村ケ岳〜
レンゲ谷と8時間の行程でした。

レンゲ谷では遭難が続いている様で、立ち入り注意の看板が出
ており、ソロだった事もあり、少々ビビリながら下山となりま
した。 携帯は圏外だし、人っ子一人出会わないし、ここで捻
挫でもしたら・・・・

どちらかと言うと、「もののけ姫」の森のような気配、しかも
熊がでるとのこと、お〜怖わ〜(^^;)
 
 
 
Rnnge洞川から山上ケ岳への裏ルートレンゲ谷

沢道なので、雨があると道が無くなり
ます。要所の枝に付けられた、赤いテ
ープを目印に道を探ります。
 
 
  
ご存じ、大峰山の中心である、山上ケ岳は大相撲の土俵と並ん
で有名な女人禁制の地です。数年前も反対する女性グループが
登山して、新聞などを騒がせたことは記憶に新しいです。

私が疑問に思うのが、この人たちは男子禁制の風習がある、沖
縄の御嶽(うたきと読む聖地で沖縄に点在する)は別にかまわ
ないのでしょうか?

現在でも、男性が近寄れない御嶽は結構ありますが、岡本太郎
は「忘れられた日本-沖縄文化論」で「まったく何の実態も持っ
ていない、その何もないということの素晴らしさに私は驚嘆し
た」と御嶽を語っていますね。

まあ、お互い様でしょうね。
1000年以上続く伝統であり、男女差別ではないと思いますが
どうでしょう??

私も久高島の御嶽に、ショックを受けた一人であり、人のこと
は言えませんけどね <(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンス

ん〜 新聞やTVを賑わしているとうりの状況です!
世界的な株安となっており、日本の平均株価も1万円を割って
います。
なんだか大変とか、景気が悪くなりそうとみんな感じています。

株価はもちろんのこと、FX(外国為替証拠金取引)なども流行
っていますので、ダメージを受けている人も多いのではないで
しょうか?
 
 
Tselogo
トピックスは1968年の東証第一部の
時価総額を100として、現在の時価
総額を示したもので、現在は1000を
割り込んでいます。

 
 
社会人歴と同じ年数の運用経歴をもつ私も、少なからず影響を
受けています。
まだまだヒヨッコですが、一つ言えることは、少し前に日本で
も同じことがあったと言うことです。

日本は、資本主義国家でありながら学校の義務教育であまり、
その手の事にはふれないこともあり、一種のギャンブルのよう
にとらえている人も多くいらっしゃいますが、ギャンブラーに
とってはギャンブルであり、投資家にとっては投資です。

建築業界も、今後不景気の影響を受けることは避けられないで
しょう。しかしこれを、どうとらえるかによって、状況は変わ
ってきます。

これから家づくりを考えている方にも、同じ事が言えると思っ
ています。給料が伸びないかもしれません、しかし高騰しきっ
た建設材料などが下がる可能性も多いにあります。

チャンスはあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »