« チャンス | トップページ | 乱高下 »

女人禁制

早朝5時、白んでくる東の空にむかい車を走らせました
大峰山縦走が、今回の秋山登山の舞台です。

7時に洞川からクライムオン、山上ケ岳〜大日山〜稲村ケ岳〜
レンゲ谷と8時間の行程でした。

レンゲ谷では遭難が続いている様で、立ち入り注意の看板が出
ており、ソロだった事もあり、少々ビビリながら下山となりま
した。 携帯は圏外だし、人っ子一人出会わないし、ここで捻
挫でもしたら・・・・

どちらかと言うと、「もののけ姫」の森のような気配、しかも
熊がでるとのこと、お〜怖わ〜(^^;)
 
 
 
Rnnge洞川から山上ケ岳への裏ルートレンゲ谷

沢道なので、雨があると道が無くなり
ます。要所の枝に付けられた、赤いテ
ープを目印に道を探ります。
 
 
  
ご存じ、大峰山の中心である、山上ケ岳は大相撲の土俵と並ん
で有名な女人禁制の地です。数年前も反対する女性グループが
登山して、新聞などを騒がせたことは記憶に新しいです。

私が疑問に思うのが、この人たちは男子禁制の風習がある、沖
縄の御嶽(うたきと読む聖地で沖縄に点在する)は別にかまわ
ないのでしょうか?

現在でも、男性が近寄れない御嶽は結構ありますが、岡本太郎
は「忘れられた日本-沖縄文化論」で「まったく何の実態も持っ
ていない、その何もないということの素晴らしさに私は驚嘆し
た」と御嶽を語っていますね。

まあ、お互い様でしょうね。
1000年以上続く伝統であり、男女差別ではないと思いますが
どうでしょう??

私も久高島の御嶽に、ショックを受けた一人であり、人のこと
は言えませんけどね <(_ _)>

|

« チャンス | トップページ | 乱高下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女人禁制:

« チャンス | トップページ | 乱高下 »