« オッサン少年に帰る | トップページ | 紀州材の家設計コンペ »

パワーボード考察

パワーボードってご存知ですか?

旭化成の商品名ですが、一般的にそう呼ばれています。
正式には、軽量気泡コンクリートで造られた外壁で、ALCと言
います。
ヘーベルハウスや、地場の建て売りビルダーなどが採用してい
るで名は知らなくても、誰もが目にした事のある材料です。

このパワーボード、防火性、断熱性、耐久性、コストのすべて
が優れている一品なのですが・・・

いわゆる建築家と呼ばれる人が、使わない外壁の筆頭に上げら
れる材料です。専門誌の場合、使われている作品を探すのは不
可能に近い状態だと思います。

なぜかと?言われると、見た目かな? 
比較的、シャープに仕上がらないので、現在主流の軽い、薄い
固い、繊細、シンプルなどのデザインから外れている所が、理
由の一つでしょう。
もう一つは、一昔前にALCを使った、いまいちなデザインの建
物が大量に作られたので、潜在的に使うものではないと、イン
プットされているのでは? と思いたくなるほどです。
 
 
Photo 現在工事中の建物に使っています。
 あまり使われていない柄のパネルと
 塗装の種類をあえて選んでいます。
 オフホワイトですが、写真ではほぼ
 真っ白ですね。
 
 
この和歌山でも、デザインを重視する若手の設計事務所で使わ
れることは皆無です。
しかし、普通の価格帯の住宅を考える上では、この優れた、そ
してイマイチな材料をうまく使うことが、かなり重要だと私は
思っています。

今後も、発展させて行きたいと、考える機会の多い材料です。

|

« オッサン少年に帰る | トップページ | 紀州材の家設計コンペ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワーボード考察:

« オッサン少年に帰る | トップページ | 紀州材の家設計コンペ »