« 愛着 | トップページ | 感謝 »

二種の神器

だれが見ても今後しばらくは、太陽電池などのエコ設備と長期
優良住宅が住宅界の二種の神器となるのは確実でしょう。

CO2の問題、世界的な不況の対策として国をあげての投資、
原油の高騰、様々な理由がありますが、正論ですので誰も方向
性に反対する人はいないでしょう。

しかし実際問題として、私は私のご依頼主には、派手なCMな
どに惑わされず「自分の思想」「ライフスタイル」「コスト」
にあった方法を選択して欲しいと願っています。

以前のいわゆるセールスポイントに「オール電化」というキー
ワードがありました。現在では、都市ガスの整備されていない
和歌山では新築の8割が採用しています。
全国的には7:3位のようです。

では3割のガスを選んだ人は、遅れているのでしょうか?

いいえ、今でも進んでガスを選ぶ人もいるのです。

ガスの方が料理がうまくできる?イニシャルコストが安いなど
いろいろなメリットもあります。

人それどれ、それがほんとの成熟した社会だと思いませんか?
 
 
 
Photoエコキュート いわゆるエヤコン
でお湯を沸かす温水器です。
省エネですが、老人二人暮らし
のような場合は採算性はないの
で注意です。
   
  
  
二種の神器はまだ発展途上です。例えば太陽電池は、今後5年
で飛躍的に普及していくでしょうが、住宅全体での5年後の採
用率が30%に達することはないでしょう。
特にローンで家を建てる方が非常に多いのに、採算性に金利の
視点が抜けています。

まあ「あると楽しそう〜でしょ〜」いわれると、それまでなん
ですけどね(^^;) 一応現状のお話はさせてもらっています。

次回から何回かに分けて、具体的に今まで採用してきた仕様
そして今後の仕様の展望について書いて行こうと思っています。

|

« 愛着 | トップページ | 感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二種の神器:

« 愛着 | トップページ | 感謝 »