« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

我が家にやってきた。

私の設計する建物もそうですが、基本的に耐久材は高くても良
いものを使用して長く使おうと考えています。

てな訳で我が家のリビングには、ほとんど10年選手になろう
かという大きなブラウン管テレビが陣取っています。

ほとんどの家のTVが、薄型になるなか、ちょっとカッコ悪いけ
ど十分つかえるやん、もう少し安くなったら買おうと思いつつ
あっという間に何年もの月日が過ぎ去りました。

1インチ5000円になったらお買い得らしい・・・
てな事を聞いてから数年、最近では補助金を入れると1インチ
数千円で最新の液晶TVが手に入ります。

さすがにホントのお買い得かなと、ついに連休中に量販店でTV
を買いました。


今日、我が家にやってきた液晶TVを見て
こんな大きなTVが、こんな価格で買えるか・・・
つくづく関心してしまいました。

世の中の移り変わりが速い今日、様々なエコ機材が発展するで
あろうこれからは何が耐久材で、何が有益なのかを見極める目
がますます重要になってきます。
 
 
PhotoゴリラのCMでよく見かける燃料電池
パンフレットにも投資の回収は不可能
と明記しています。

でも売れているようです。
地球を守るため?
ただの新しもん好き?
  
 
 
TVCMなどに惑わさされず、どうしてその材料や機材を使う
のか、10年後にはどういう世の中になっているのか?
私のご依頼主には、冷静に考えて頂きたいと思っています。

ほとんどの最新機器は、地球にやさしいと言っていますが
貴方にやさしいとは言っていません。
良いタイミングで取り入れることが重要と私は考えています。
そうでも無い人も多そうですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お褒め頂く

だいたい男の料理とは大胆?

と共に後片付けが苦手・・・
よって奥方が迷惑被ると言ったパターンが多いのでは?

かと言う私もそうなのですが・・
日曜日にちょっと趣向を変えて「スモークベーコン」なるもの
を作って見ました。

サクラのチップを使って燻したのですが・・・
もう少し燻そうかな?とやっているうちにちょっと燻し過ぎ?
すこし、苦みと香りがきついような・・・
 
 
Photo
結構、肉汁が出て縮みましたね
見た目より結構かたいです
魚関係より料理は容易ですね
  
  
  
 
奥方に恐る恐る献上したところ「おいしい」とのこと

エッそうなの?  ホッ良かった(^^;)

珍しくお褒めの言葉を頂くとは・・・

翌日、燻製を使ってロールキャベツを作ってくれました。
美味しい!!! 今までで最高のロールキャベツでした。
こう使うと良いのですね、コクがでてベストマッチ

物は使いようですね(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

木について破

住宅の構造に使用する木材を大きく分けると4種類になります

無垢材と木を接着材で貼り合わせて造る集成材、そしてその木
材が国産か外国産かです。

一般的には、大手ハウスメーカーは外材や国産材の集成材を使
用しています。
これは集成材の強度の高さ、寸法の安定性など、工業製品とし
ての完成度を期待するものであり、家を工業製品と考えるメー
カーとしては、合理的で至極当然な選択です。
最近では、国産材の集成材を歌うメーカーが増えてきました。


一方、設計事務所や地場の工務店は、無垢材を使用する場合が
多く、とくに外材の集成材に「寿命が短い」や「水に弱い」な
どのネガティブキャンペーンを張っています。

ある意味当たっていますが、私は実際の不利益があるのかは疑
問に思っています。(紙面の関係で理由は省略します)
 
 
 
Photo
ハイブリットビーム
外装に米松、内装に杉を使い
それぞれの長所を生かした集成材
国産材集成材の一例
 
 
 
なにわともあれ、私を含め和歌山の多くの設計事務所は、無垢
材を使用しています。なかでも、紀州材を使用している事を売
り文句としている事務所が増えています。
(全国的には集成材を利用する有名な建築家もいます)

これには、設計事務所は零細企業であり一棟一棟の特注品を扱
うこと、地産地消やエコなどの付加価値を与えハウスメーカー
との差別化を計るなどの理由があげられます。

設計事務所や地場の工務店が生き残る、一つの良い方法には間
違いまりませんし、私もその一員です。
その道を、研究し突き詰めいくのは重要なことです。

国、県、メディアなどの努力で、国産材の利用は増えてきてい
ます。それは正しいのですが、それ以外は悪や無知であると、
世論が一方に偏る事に私は危険を感じています。

無垢材or集成材、国産材or外材、自然乾燥or人工乾燥
もちろん事務所としての基本は決まっていますが、色々な選択
肢があって良いと思います。

それぞれの長所短所をご説明し、建物の目的やご依頼主の希望
に柔軟に対応するのが、設計事務所の利点ではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »