« 下が高い | トップページ | セイロンの三王子 »

なぜ地盤改良杭が・・

前回、お話した耐震性能と杭との関係性を少し詳しく解説しよ
うと思います。

耐震性能に応じて、杭の性能も上げる必要があること、実際は
考慮している(または考えている)設計者や木造住宅が少な
いことが、おわかり頂けたと思います。

どうして、住宅レベルでは考慮外なのかは、後半にご説明する
として、初めにどうして必要なのかをお話をします。
 
 
Photo_2
鋼管杭の施工写真
高価なので、一般的には杭長さが
10Mを超えるような深い場合に
採用されますが、標準仕様のハウス
メーカーさんもあります。
 
 
木造住宅の場合は、杭の上にのっかってるだけなのに
地震の水平力に関係なのでは?
杭の上を水平に動くので役に立たないのでは?
これは、答えはNOです。プロでそう言っている人がおれば、
杭の計算方法を知らずにイメージで回答されている方です。

実際は杭の径や本数を決める場合は、水平力を計算にいれて
計算されています。四角い箱を押せば、片方が浮いて、片方が
下に押されるのをイメージされるとよく分かると思います。

さて後半の、どうして実際はその話が出ないのか?
法律で指定しなのか?
簡単にお答すると、命に直接影響しないからです。

建物自身の耐震性能は、建物の崩壊つまり、命を守る性能に直
結します。耐震等級でレベル分けもされています。

でも杭が損傷しても、家は傾いたり沈んだりするでしょうが、
直接命に影響しません。
ただ、中程度の地震の場合は、家の財産価値自体に直接影響し
ます、家が傾くと使えませんよね。

もちろん、杭には多額の費用がかかります、アドバイスはしま
すが最終的に選ぶのはご依頼主です。

情報提供したか、どうかが大きな違いだと私は考えています。

|

« 下が高い | トップページ | セイロンの三王子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ地盤改良杭が・・:

« 下が高い | トップページ | セイロンの三王子 »