« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

使い勝手も大事

日曜日、数ヶ月ぶりに丸一日のお休みを頂きました。

ゆっくりしようと思うのですが、お昼頃になると何だか色々な
ことが気になってきます・・・

そうそう!

キッチンの換気扇を掃除しないと!

カバーとファンを外すと、油でどろどろ、すごい!
ちなみに家の整備は私の担当です、掃除はしないけど(^_^;)
 
 
早速、外へ持ち出してマジックリン攻撃!

良く落ちるので、ちょっとマジックリンに感心(^^;)

ちなみに我が家のキッチンは、タカラスタンダード製。
ださいデザインで設計事務所には不人気NO.1です。
(ほぼ採用率は0では?)

ただ、唯一ホーロー仕様で、値段の割にはしっかり造られお
り、耐久性や清掃性が抜群なんですね。

毎日使う水廻りなので、オシャレも大事ですが、使い勝手も
大事だと思います。
 
 
Photo_2
最近のキッチンは、シロッコファン
という、ファンを内蔵している
タイプが多いです。
たまには、外して清掃する必要が
ありますので注意です。
 
  
 
オシャレ度で言うと、東洋キッチンやヤマハなどが個性的で
人気ですね、設計事務所でよく採用されます。

建築誌主催のアンケートでは、ここ数年TOTOのキッチンが
人気のTOPを守っています、色々な意味でバランスが良いと
ころが秘密でしょうね。
(トイレと一緒にショールームで見ることもできますし)

キッチンメーカーは単独では生き残りが難しく、業務提携が
広がりつつあります。



Sannrokuenその後、岸和田の山麓苑という焼き肉屋
さんへ、少々割高なのですが、
樽で造った個室で食べられるので
ゆっくりできます。
久々の家族サービスでした。
http://www.sanrokuen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外壁について序

設計事務所に依頼するメリットに、自分の大切とすることを考
え、そこに予算を重点的に配分できるところがあります。

なんだか、理想のように聞こえますが、実は大きな落とし穴も
あったりします・・・

もちろん充分な予算があれば良いのですが、そんな方はほんの
一部の方です。 普通は限られた予算の中で、色々試行錯誤す
るわけですが、趣味性を追求するあまり大切なことを置き去り
にしている建物を多く見かけます。


私は、耐震性、耐久性、断熱性などは、趣味性より優先される
と考えています。
(御依頼主のこの先の長い生活を考えると当然です)
その上で、趣味性を追求していくのが、大事ではないでしょう
か?


木造2階建て35坪程度をここ数年の事例で考えると、上記を
満足させるには坪55万円、長期優良住宅で坪60万円程度必
要です。
つまり残りの坪数万〜数十万円で趣味性を実現させています。
よって予算の坪60万円と坪70万円では、全く趣味性の自由
度が違ってきます。
   
目安として以下のように選択肢が増えていきます。

サイディング→坪60万→パワーボード→坪65万→一部塗り壁
→坪70万→全面塗り壁→坪75万→一部タイル貼→坪80万→
全面タイル貼→坪80万以上→基本何でも可能
 
 

Photo_2当事務所のよく使う塗り壁に
写真のそとん壁があります。
自然素材でナチュラルな仕上がりです。

あとジョリパット(アイカ製)が性能と
長年の信頼性があって採用しています。
 
 
 
あくまでも目安ですが、あまりにかけ離れたことを実現するに
は、何か大切なことを忘れている可能性があります。
特に塗り壁は、低予算では大きなリスクを抱えています。

次回に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイロンの三王子

勉強会続きだったので久々のUPです。

時間は平等です、誰にでも一日24時間しかありません。

営業活動を控える(個別相談は行う)業界団体の活動を控える

その代わり

講習会.講演会などに積極的に参加し技術と思想の研鑽に日々
努める。(年間50講座以上)

他社に真似出来ない、現場監理を行う。
(各現場に週3回以上通い、綿密な指示や確認を行う)
と考えて日々設計活動をしています。

色々、勉強会に参加していると「これはどうよ〜」と時間の
無駄に思える会や講師さんが出てきます。

でも、懲りずに参加するのは、どんな場合でも一つは
セレンディピティがあるからです。

セイロンの童話から造られたこの言葉の意味は「目的以外の
副次的成果」で、掃除をしていたら、長年探していた物が出て
きた見たいなものですが、このセレンディピティが、結構重要
で、実は勉強会の一番の成果はこれだったりします。
 
  
Serendip_2セレンディピティを検索すると
和歌山の某衆議院議員さんがブログに詳しく
書いていました。
結構良い事例です。
 
 
 
 
 
講習の内容なんて、テキストを読めはわかります。

事務所にいては、気がつかない、ヒラメキやアイディアは、
意外なところから得られるものです・・・

気分転換にもなりますしね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »