« セイロンの三王子 | トップページ | 使い勝手も大事 »

外壁について序

設計事務所に依頼するメリットに、自分の大切とすることを考
え、そこに予算を重点的に配分できるところがあります。

なんだか、理想のように聞こえますが、実は大きな落とし穴も
あったりします・・・

もちろん充分な予算があれば良いのですが、そんな方はほんの
一部の方です。 普通は限られた予算の中で、色々試行錯誤す
るわけですが、趣味性を追求するあまり大切なことを置き去り
にしている建物を多く見かけます。


私は、耐震性、耐久性、断熱性などは、趣味性より優先される
と考えています。
(御依頼主のこの先の長い生活を考えると当然です)
その上で、趣味性を追求していくのが、大事ではないでしょう
か?


木造2階建て35坪程度をここ数年の事例で考えると、上記を
満足させるには坪55万円、長期優良住宅で坪60万円程度必
要です。
つまり残りの坪数万〜数十万円で趣味性を実現させています。
よって予算の坪60万円と坪70万円では、全く趣味性の自由
度が違ってきます。
   
目安として以下のように選択肢が増えていきます。

サイディング→坪60万→パワーボード→坪65万→一部塗り壁
→坪70万→全面塗り壁→坪75万→一部タイル貼→坪80万→
全面タイル貼→坪80万以上→基本何でも可能
 
 

Photo_2当事務所のよく使う塗り壁に
写真のそとん壁があります。
自然素材でナチュラルな仕上がりです。

あとジョリパット(アイカ製)が性能と
長年の信頼性があって採用しています。
 
 
 
あくまでも目安ですが、あまりにかけ離れたことを実現するに
は、何か大切なことを忘れている可能性があります。
特に塗り壁は、低予算では大きなリスクを抱えています。

次回に続く・・・

|

« セイロンの三王子 | トップページ | 使い勝手も大事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外壁について序:

« セイロンの三王子 | トップページ | 使い勝手も大事 »