« エコポイント | トップページ | 方針 »

中国って

木材を探して忙しい一ヶ月でした。

と言っても窓枠や建具に使うシオジ、タモ、アッシュなどの広
葉樹です。もちろんあるにはあるのですが、高品質なものがど
んどん手に入らなくなっています。

ここ数年、工務店や建具店から、こちらで指示している品質の
材が手に入らないと、困った相談を受けます。
和歌山市はもちろん、かつらぎ、吉野、桜井、岸和田、摂津と
色々な材木店を実際見て回りましたが、確かに良い材の在庫が
無いか高価な状況になっていました。

話に聞くところ、主な理由は2つです。

1. タモ等の国産材は貴重品、多くは中国産かロシア産なので
すが、中国は自然林の伐採が禁止になり、しかも需要が右肩上
がりで日本への輸出が難しくなってきている。
その上、関西は市場単価が安いので良質の材は関東に流れてし
まうとのこと。

2. 既製品の戸や枠を使う家が増えて、大工さんが広葉樹を削
って仕事を行う物件が激減しているので、木材店が多くの在庫
をおかなくなっている。
和歌山市は、全国に誇る建具産地なのにね〜 
 
 
Photoこのような、良質な材はかなり
高価になってきています。
10年前は簡単に手に入ったのですが・・
ロシア材はどうしても色が黒いのですが
これからは上手く使っていく必要が
でてくるでしょう。 
  
 
木の種類は、図面に書けても品質を詳しく指定するのは難しく
また、あまり細かく指定すると変に見積が高くなります。

やはり、適正な品質や価格の材をいつでも使えるようにするに
は、設計事務所が化粧用木材を支給するしかないとの結論に達
しました。
資本的には辛いですが、幸い倉庫を持っているので今後、設計
事務所として木材を備蓄していく予定です。

手始めに、特注の化粧用梁を20本ほど注文しています。
引き取りに行く来年が楽しみです(^_^;)

|

« エコポイント | トップページ | 方針 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国って:

« エコポイント | トップページ | 方針 »