« E90 | トップページ | マッターホルン »

新燃岳を想う

新燃岳の噴火のニュースがワイドショーを賑わせていますね。

たぶん、霧島山系では一番新しい火山なので新燃えと名付けら
れているのでしょうね・・
52年ぶりの本格的な噴火だそうですが、普段は登ることの出来
る山です。

TVでは噴煙を吐いている映像ばかりですが、この山の頂上は
富士山のように穴が開いていて、底が湖になっているって知っ
ていますか?


Photo_2頂上の周囲が2キロほどで深さが200m
位です。湖の青緑は硫黄などの火山成分
によるものでしょう。当時も少し煙りが
出ていたと思います。
 
 
 
若い頃の話なのでお許しを頂くとして

当時、親友と「誰もやったことの無いことをするという」おふ
ざけをしておりまして・・・
立ち入り禁止の火山に登る、聖域と呼ばれるところを探索する
なんてことをして喜んでいました。

この時も、何を考えていたのか、山頂から火山湖を見た時、急
に泳ぎたくなって、草をかき分けて崖をおりて、ひと泳ぎしま
した・・・

道の無い崖なので、水辺に降りたことのある人は少ないでしょう
この52年間で泳いだのは私だけだろうと思っています。
この噴火で今後も無いかも知れませんね〜

しかしよく、湖底に住む、カッパや龍や妖怪に引きずり込まれん
かったものです・・・気持ち酸性でヒリヒリした記憶があります。

ちなみに窪地には、亜硫酸ガスなのが貯まりやすく危険です。
よく死者も出ているので、気をつける必要があります。

|

« E90 | トップページ | マッターホルン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新燃岳を想う:

« E90 | トップページ | マッターホルン »