« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

おっと!

先日の大雪はどうでしたか?

和歌山市役所にいたのですが、急いでいたのに携帯電話がなか
なかつながりません。故障?って思ってしまいました。
帰りにラジオから通話制限を聞いて納得・・・

さて建築史的に今日の家の特徴は?と聞かれると
リビングの最優先がまず上げられるのではないでしょうか?

客室が無くなり、立派な玄関も減りつつあります。
そんな中でも、私は玄関は家の顔という考えを未だにもってい
ます。広くはムリでも、品質の高い物を使おうと思っています。

殆どの建物の床には御影石を使っています。

Photo
白から黒まで色々な御影石があります
鏡のように表面を磨いたポリッシュと
表面を炎で表面を荒らしたバーナーが
あります。
 
 
ポリッシュは非常に綺麗なのですが、濡れると靴が滑ります。
なので、外部はバーナー、内部はポリッシュにするかどうかを
ご依頼主と検討します。

小谷建築設計事務所の玄関は、ポリッシュですが、雨でもそん
なに滑ることがありませんでした。

ところが・・・雪を挟んだ靴の滑ること・・・

スケートでした、まあ和歌山ではそんなに雪は降らないので問
題はないでしょうが、高野山などの雪の多いところは注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッターホルン

通称、関西のマッターホルンこと樹氷の名山高見山に登ってき
ました。

設計事務所を営んでいますと、ほとんどの土日はご依頼主との
打合せになります。各ご依頼主には毎週の打合せですと大変で
すのでコアな時期をのぞくと二週間に一度づつお会いしてさせ
て頂いています。
住宅の場合ですと、竣工まで1年位かかるケースが多いので3
0回以上の打合せをさせて頂いている計算になりますね・・・
打合せ間は、メールや電話での意見交換となります。

今回、予定変更で運良く土曜日が空きましたので、今年最後の
チャンスと思い登ってきました。
 
 
Photo富士山の様なピラミダルな形状
麓からもあれは何だと思う山です。
樹氷で有名な山ですが、ここ数日
の気温でほとんど溶けていました。
360°の見晴らしは最高でした。
 
 
シャーベット状の雪は良く滑りました、登られる方がおり
ましたらアイゼンは12本爪をオススメします。

山に若い女性(山ガール)が増えたと言いますが、確かに
増えた感じがします、冬山にも登場とは時代が変わったな
〜とつくづく思います、オシャレな容姿が特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »