« ゴーヤカーテン | トップページ | 幸か不幸か »

古材の家

古材の家と銘打った住宅の完成が近づいてきました。

10月頃かと思いますが、見学会を行わせて頂く予定です。
風土に根ざした平屋の家です、是非ごらんください。

某TVでは、無理矢理古い家を新築かごとく直す番組が人気で
すが、私はちょっと問題あるな〜と思って見ています。
安全かつ合理的という視点では、設計者の責務を果たしている
のか甚だ疑問です。
 
 
Photo以前の住宅の「差し鴨居」を
新築の梁として利用しました
高さ34㎝もあるこの材は
すでに完全に乾燥しており
色つやともよく、有効に利
用することとしました。
 
 
 
懐かしいから残すだけでも、エコで廃材をださないだけでも
底が浅い気がします。
本当に再利用に値するか? 誠実な判断を必要とします。

|

« ゴーヤカーテン | トップページ | 幸か不幸か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古材の家:

« ゴーヤカーテン | トップページ | 幸か不幸か »