« 古材の家 | トップページ | 秋山 »

幸か不幸か

十数年ぶりに、学生のころ感動した建物を再訪しました。

建物は幸い、有効に使われおりひとまず安心しました。色々な
事情があると思いますが、関わった建物が早々に解体されてし
まうのは、設計者にとってなんとも言えない不幸です。
 
 
 
Photo
タケフナイフビレッジ
今は無き毛綱毅曠氏の遺作
越前打刃物の工房+販売所で
室内の空中に刃物関係の神棚
が吊ってある面白い建物です。
 
 
設計者が亡くなったこともあってか、コンセプトを崩す改装を
してあり、非常に残念でした・・・
たしかに、便利さを優先するのもわかりますし、建築的遺産と
しての目で見る人も少ないのでしかたありませんが・・・

設計者より長生きした自作に、亡くなった設計者は天国でどう
思っているのでしょうか?

|

« 古材の家 | トップページ | 秋山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸か不幸か:

« 古材の家 | トップページ | 秋山 »